トップ  >  各試験の詳細  >  方形波インパルスノイズ試験

 方形波インパルスノイズ試験

  電源線や制御信号線に加わる立ち上がりの早い過度的妨害を

受けた際の耐性を評価する試験です
 

 概要

主電源スイッチやリレー接点が開く際に、電圧の過度現象に起因した妨害波が起こります。

この試験は電源線や制御信号線を伝わってくる妨害波を模擬し、機器が誤動作しないかを評価する試験です。

想定される脅威

各種設備や機器の電源投入・切断等

どんな試験?

スイッチやリレー接点などの開閉器ON/OFF時に発生する立ち上がりの早い高周波による影響を想定した試験です。

電源線へ侵入するラインノイズや通信ケーブルへの誘導ノイズを模擬し、電子機器の誤動作や機能低下の性能評価をおこないます。ノーマルモード及びコモンモード各々に印加し試験をおこないます。

 

 

 

主な対応規格および試験器仕様
項 目
仕 様
代表的な準拠規格名

NECA TR-28JEMA JEM-TR177

出力電圧
0.01kV〜4.00kV
パルス幅
10ns〜1000ns
パルス繰り返し周期
10ms〜999ms

 

試験レベル
レベル
電源線
制御信号線
接地線
1
500V
250V
250V
2
1000V
500V
500V
3
1500V
750V
750V
4
2000V
1000V
1000V
X
特殊
特殊
特殊

 

 出力波形イメージ 

 

 

  

 【お申込はこちら】


EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
電源回路負サージ試験
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
自主試験 試験室 “まるごとプラン”

サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。