トップ  >  各試験の詳細  >  電圧ディップ・瞬断試験

 

電圧ディップ・瞬断試験

交流電源回路網(50Hz/60Hz)の電圧ディップや瞬断などを模擬し、電子機器の耐性を試験します。

 

概要

AC電源は、家庭、オフィス、店舗、工場など、あらゆる環境で広く使用されていますが、様々な機器が同時に使用されることで電圧ディップや電圧変動が発生したり、落雷や電力設備の異常で瞬断や停電が発生する場合があります。
この試験はAC電源における電圧ディップや瞬断、停電などを模擬することで、機器の誤動作や故障の有無を評価するものです。

 

想定される脅威

交流電源回路網(50Hz/60Hz)における電圧ディップや瞬断、停電
 

どんな試験?

 

 

 試験イメージ

 

  

電圧ディップ
 
 
瞬断
 
 
停電
 
 
 
主な対応規格および試験機の仕様
項 目
仕 様
対応規格
IEC 61000-4-11
出力電圧
AC 0 V 〜 AC 290 V
 

  


EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
デジタル変調波による近接照射イミュニティ試験
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
近接照射イミュニティ試験

サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。