トップ  >  各試験の詳細  >  電源回路負サージ試験

電源回路負サージ試験

 この試験は車載機器に対するイミュニティ試験(12/24V系)で、

+B,IG,ACCに接続される回路の耐性を評価する試験です

  

 どんな試験?

印加対象のワイヤーハーネスを試験器に接続し、そのハーネスに対してノイズ印加を行う試験です。

印加は各端子に対する単独印加のみではなく、それらの組み合わせにおいても実施します。
2秒間隔での印加となり、5万回印加の場合、試験に要する時間は約28時間となります。

概要 

この試験は、オルタネータのフィールドコイルから放出されるフィールドディケイのみでなく、誘導系負荷から放出される各種の負サージに対する耐性を評価する試験です。

 

印加波形イメージ

 <フィールドディケイノイズ

+火花サージ(方形波)>

<フィールドディケイノイズ

+火花サージ(バースト波形)>

 

試験イメージ

 

試験設定/操作部 供試品接続部と配列例

  

上記出力波形での試験のほかに、
高周波パルス+ジャイアントパルスの試験もできます!
 

EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
耐高周波サージ性試験
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
方形波インパルスノイズ試験

サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。

文字の大きさ

文字のサイズを小さくする 文字のサイズを普通にする 文字のサイズを大きくする 文字のサイズを大きくする