トップ  >  各試験の詳細  >  《対策検討用》簡易放射エミッション測定

《対策検討用》 簡易放射エミッション測定

最新鋭の測定器とソフトウェア、および豊富な対策用ツール
でEMC・ノイズ対策を低コストで実現します!
 

 概要

   放射エミッション測定はEMC評価の中でも不合格となりやすく、またその対策には専門的な知識に加え、労力が必要となり大変苦労をさせられるものです。
特に一般の商用測定サイトを利用している場合、対策のために電波暗室を連日使用することとなり、時間損失だけではなく、コスト面でも大きな負担を強いられることになります。
この“簡易放射エミッション測定”は供試品からの放射エミッションを電波暗室で簡易的に測定し、対策前後、あるいはサンプルA/Bなど相違的にノイズの強弱を比較評価することができます。
 
  
試験設備仕様 -1
  項 目
   仕 様
  電波暗室
   イミュニティ試験用6面暗室
  測定周波数
   30MHz〜1000MHz
  アンテナ
   広帯域アンテナ
  アンテナ距離
   3.0
  アンテナ高さ
   1.0m〜2.5m(可変)
  ターンテーブル
   直径1.5m 耐荷重300kg
  EMIレシーバー
   ROHDE&SCHWARZ ESR3
  測定用ソフトウェア
   NETS-EMI(NoiseKen)
  

測定はソフトウェアによる自動測定です。 

 アンテナやターンテーブルを手動操作する必要はありません。
  
 イメージ
  
  対策用ツール
   空間電磁界可視化システム
           EPS-02           測定イメージ

  プリント基板電磁波解析システム

 

           EPS-3007            測定イメージ

  対策部品サンプル

         対策部品サンプル           作業スペース

 

試験設備仕様
EUT搬入口
(W)1.6×(H)1.8m
非導電性テーブル
(W)1.5×(D)1.0×(H)0.8m
電源容量
単相:100V/120V Max.16A 50/60Hz
単相:220V/230V Max.16A 50/60Hz
三相:200V Max.30AX 50Hz

 

 
 
好評の当サービスが車載機器のエミッション測定 (CISPR25) にも対応できるようになりました。
ALSE法による放射エミッション測定 (150kHz〜2.5GHz) および、LISNや電流プローブによる伝導エミッション測定も実施可能です。
測定用アンテナの偏波切換はもちろん、測定データの比較検討まで簡単な操作でおこなうことができます。
また、タイムドメイン・スキャン搭載のEMIレシーバーにより、QP/AVの超高速測定が可能です。
 
試験設備仕様
 
仕 様
測定周波数
150kHz〜2500MHz
測定項目
ALSE法/電圧法/電流プローブ法
EMIレシーバー
ROHDE&SCHWARZ ESR3
測定用ソフトウェア
NETS-EMI (NoiseKen)
  
 
試験設備仕様
EUT搬入口
(W)1.6×(H)1.8m
非導電性テーブル
(W)1.5×(D)1.0×(H)0.8m
電源容量
単相:100V/120V Max.16A 50/60Hz
単相:220V/230V Max.16A 50/60Hz
三相:200V Max.30AX 50Hz

 

その他おすすめのサービス】

◆伝導エミッション測定 (雑音端子電圧測定)

タイムドメイン・スキャン(CISPR16-1-1準拠)によるQP/AVの超高速測定が可能!

   ※ 別途追加料金が発生します。

 

   【お申込はこちら】


EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
ファストトランジェント/バースト試験
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
BCI試験

サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。