トップ  >  各試験の詳細  >  伝導電磁界試験(伝導性イミュニティ試験)

 

 

伝導電磁界試験(伝導性イミュニティ試験) 

 

供試品に接続されるケーブル類に不要な電磁界が誘起した際の

耐性を評価する試験です

 概要

 近年、携帯電話など無線を利用する機器が増加しています。

このような無線機器からは電磁波が輻射されており、電子機器が電磁波に曝されると誤動作をする場合があります。
これらの機器に誤動作を与える無線周波数で、比較的低い周波数、電磁波は、伝導性ノイズとして電源線や通信線などから侵入して機器に影響を与えます。この試験は機器に接続されるケーブル類に電磁界が誘起する現象を模擬しており、専用の結合器にてケーブルと基準接地面間に電圧を印加して、耐性を評価する試験です。

想定される脅威

長波放送、アマチュア無線、中波放送、短波放送、船舶無線、航空無線、FM放送など

 どんな試験?

 供試品のハーネスに対し、結合減結合回路網(CDN)やEMクランプ、インジェクションプローブを用いて既定の周波数および試験レベルの電磁ノイズを誘起し、耐性を評価します。試験方法は、校正用治具を用いて取得した校正値で実施する置換法と、カレントモニタープローブを用いた実測法の2種類があります。

 

主な対応規格および試験器仕様
項 目
仕 様
測定周波数範囲
150kHz〜80(230)MHz
試験レベル
10V
 
変調方式
CW / AM / FM / PULSE
代表的な準拠規格
IEC61000-4-6 , EN61000-4-6 ,JIS C 61000-4-6
 

試験イメージ

 

【お申込みはこちら】

 


EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
放射電磁界試験(放射イミュニティ試験)
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
ファストトランジェント/バースト試験

サイト内検索
文字の大きさ

文字のサイズを小さくする 文字のサイズを普通にする 文字のサイズを大きくする 文字のサイズを大きくする