トップ  >  各試験の詳細  >  静電気イミュニティ試験

 静電気イミュニティ試験

人体や物体などに帯電したエネルギーが、電子機器へ放電した際の耐性を評価する試験です

 

概要

  

静電気とは人体や物体(おもに誘電体)に電荷が蓄えられている状態の事をさします。
この人体や物体に帯電した電荷が、電子・電気機器に一瞬で放電することで、機器に意図しない電流が流れ、機器の故障や誤動作を起こすことがあります。この試験は、そのような静電気放電を模擬し、機器の耐性を評価する試験です。

 

想定される脅威

人体や近接した物体からの静電気放電

どんな試験?

直接放電試験
 
人体から直接、供試品に静電気放電をすることを想定した試験。スイッチや筐体など、人の手が触れる可能性がある部分に対して実施します。
間接放電試験
 
供試品に近接した物体から供試品に静電気放電することを想定した試験。供試品に近接した接合板に対して実施します。
 

 

【床置き機器に対しての静電気試験のイメージ】

 

【卓上機器に対しての静電気試験のイメージ】
 

  

主な対応規格および試験器仕様
項 目
仕 様
主な対応規格
IEC61000-4-2、ISO10605
出力電圧
0.2V〜30.0kV
極性
正および負
CR定数
150pF-330Ω、150pF-2kΩ、330pF-2kΩ、
330pF-330Ω

 

試験イメージ

 試験環境  印加後の除電

 

 直接放電試験           間接放電試験(水平結合板)  間接放電試験(垂直結合板)

 

【お申込はこちら】


EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
TEM CELLイミュニティ試験(GTEM CELL)
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
放射電磁界試験(放射イミュニティ試験)