トップ  >  各試験の詳細  >  電源回路負サージ試験

電源回路負サージ試験

  

 

試験概要

この試験は車載機器(12V系&24V系)に対するイミュニティ試験で+B、IG、ACCに接続される回路のノイズ耐性を確認します。

※車載部品用のサージ試験です。

どんな試験?

上記端子を試験器に接続し、そのハーネスに対してノイズ印加を行なう試験です。印加は各端子に対する単独印加のみではなく、それらの組み合わせにおいても実施します。2秒間隔での印加となり、5万回印加の場合、試験に要する時間は約28時間となります。

例)

 

 

 

・・・等々

試験の目的

この試験は、オルタネータのフィールドコイルから放出されるフィールドディケイノイズのみでなく、

誘導系負荷から放出される各種の負サージに対する耐性を確認することが目的です。

 印加波形(イメージ)

               フィールドディケイノイズ+火花サージ(方形波)

               フィールドディケイノイズ+火花サージ(バースト波) 

 

試験イメージ

 

            試験設定/操作部

 

           供試品接続部と配置例

 

※この試験器は、ここで紹介した波形の他に、高周波パルス・ジャイアントパルス・台形波+高周波パルス・高周波パルス+ジャイアントパルスの5波形が出力できます。

 

 【お申込書はこちら


EMC受託試験、委託試験、自主試験に関してのお問い合わせ
前
耐高周波サージ性試験
カテゴリートップ
各試験の詳細
次
自主試験(試験室まるごとプラン)