トップ  >  ファスト・トランジェント/バースト試験器【FNS】  >  本体用オプション  >  カップリングアダプタ MODEL:CA-806(15-00007A)

カップリングアダプタ MODEL:CA-806(15-00007A)

CA-806 は、当社製INS シリーズと組み合わせることにより、電子機器のケーブルを挟むだけで耐雑音特性を試験することができます。(結合比率 10:1)

  • 信号・DC・AC・GND 等を切断しないでノイズの結合ができます。
  • 電子機器のノイズ耐量を個別に分離して試験することができます。
  • 終端抵抗が内蔵されています。
  • 直接ノイズを結合できるので、効果的にノイズ耐量を試験できます。

項目 仕様
構造 磁界結合ノイズ注入クランプ
入力電圧 2000V MAX
入力パルス幅 50ns 〜 1000ns
結合方式 磁界結合
結合比率 入力電圧の1/10 ±10%
終端抵抗 50Ω系 内蔵
クランプケーブルの最大直径 27mm
寸法/質量 (W)89mm×(H)64mm×(D)120mm(突起含む)/約1000g
お問い合わせ番号:EMC-97
プリンタ用画面
  • EMSプローブキット MODEL:H2-B
    EMSプローブキット MODEL:H2-B プリント基板のパターンやフラットケーブル等にノイズ試験器を利用してノイズを印加できます。プローブの使い分けにより電界/磁界を 切り分け近傍により…続きを読む (2008-6-23)  
  • ノイズ印加プローブ MODEDL:01-00034A
    ノイズ印加プローブ MODEDL:01-00034A LSI の1 ピン毎にノイズの直接注入が可能なため基板レベルでノイズ耐量の試験が可能 お手持ちのノイズシミュレ…続きを読む (2008-6-23)  
  • ラディエーションプローブ MODEL:01-00006A/7A/8A/9A/10A/30A/31A/50A
    ラディエーションプローブ MODEL:01-00006A/7A/8A/9A/10A/30A/31A/50A 本プローブは、当社のINS シリーズに接続し、電子機器内部の配線(PC ボード)等に…続きを読む (2008-6-23)  
  • カップリングクランプ MODEL:CA-805B
    カップリングクランプ MODEL:CA-805B CA-805B は、当社試験器と組み合わせることにより、電子機器のケーブルを挟むだけで耐雑音特性を試験することができます。(結合比率 1:1)…続きを読む (2008-6-23)  
  • 耐高周波サージ試験印加治具
    ファスト・トランジェント/バースト試験、電圧減衰振動波試験器、ノイズシミュレータなどと組み合わせることで、ハーネスにノイズを印加することができる治具です。 様々な容量(カップリング)にて結合できる治…続きを読む (2012-3-26)  
  • SG端子接続板
    SG端子接続板 試験器本体SG とグランドプレーンを接続する金属プレートです。 グランドプレーンとネジ留めする必要が無い為、試験器本体の移動が容易になります。   …続きを読む (2018-5-9)  
  • コンセントボックス(端子台タイプ)
    コンセントボックス(端子台タイプ) 本製品は、ライン出力ソケットを端子台タイプに変換するためのコンセントボックスです。     ※ 本製品はカスタム仕様…続きを読む (2018-12-28)  

EMC試験器 メニュー
製品情報 TOP
静電気試験器【ESS】
本体用オプション
放電ガン用オプション
試験環境オプション
校正用オプション
方形波インパルスノイズ試験器【INS】
本体用オプション
試験環境オプション
校正用オプション
ファスト・トランジェント/バースト試験器【FNS】
本体用オプション
試験環境オプション
校正用オプション
雷サージ試験器【LSS】
LSSオプション(LSS-6330 series用)
LSSオプション(LSS-F03 series用)
LSSオプション(LSS-720B2用)
電源電圧変動試験器【VDS】
VDSオプション
電磁波解析測定システム【EPS】
オプション
減衰振動波試験器【SWCS】
オプション
車載用過渡サージ試験器【ISS/JSS】
ISS/JSSオプション
DC電圧変動試験器【SG7040】
SG-7040オプション
RF関連製品・試験システム
その他試験器、製品
製造終了品(販売終了品)
サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。