トップ  >  減衰振動波試験器【SWCS】  >  IEEE C37.90.1−2012規格対応 減衰振動波試験器

IEEE C37.90.1−2012規格対応 減衰振動波試験器 

  • IEC 61000-4-18(2006)規格に準拠した試験ができます。
  • 電力規格B-402(2007)規格に準拠した試験ができます。
  • IEEE C37.90-2012 規格に準拠した試験ができます。
  • 最大3kVの電圧を出力し、余裕のある試験ができます。
  • タッチパネルの採用で視認性に優れた設定画面。
  • 試験器内部でコモンモード/ノーマルモードの切替えや、印加相の切替ができます。
  • カップリングバランを用いる事で、IEEE C37.90-2012 規格に準拠したノーマルモード試験も実施することができます。
  • 電源ラインCDN(AC240V/DC125V 20A)を内蔵しています。

仕様

■ 試験器本体

項目 仕様
出力波形 低周波減衰振動波(Slow Damped Oscillatory Wave) フローティング出力
出力電圧 250V 〜 3000V +0 %/−10% 1 Vステップ
短絡電流 1.25A 〜 15A ±20%
発振周波数 1MHz±10%
繰返し周波数 400/480Hz±1%
400Hz=8回/商用周波数50Hzの1周期(非同期)
480Hz=9.6回/商用周波数50Hzの1周期(非同期)
400Hz=6.7回/商用周波数60Hzの1周期(非同期)
480Hz=8回/商用周波数60Hzの1周期(非同期)
電圧波形減衰率 第5ピークは第1ピークの50%超、第10ピークは第1ピークの
50%未満(第3.5から第5.5周期の間でピーク値の50%)
立上り時間 75ns ±20%(10%−90%間)
出力インピーダンス 200Ω±20%
出力極性 正極性、または負極性
印加時間 1s 〜 999s ±0.05s(1sステップ)及び連続
結合コンデンサ 0.5μF±20%
CDN電源容量 単相/三相AC240V20A もしくはDC125V20A
印加相 ノーマルモードL1/L2/L3/N相間
コモンモードL1/L2/L3/N相−PE間、L1,L2,L3相同時印加−PE間、L1,L2,L3,N相同時印加−PE間
減結合コイル 1.5 mH以下
外形寸法/質量 (W)430 mm×(H)515 mm×(D)500 mm(突起部を含まず) 約 53 kg

■ 出力波形

 

● 本製品はカスタム仕様の製品となります。詳細はお問合せください。

 

 

お問い合わせ番号:EMC-332
プリンタ用画面
  • SWCS-900シリーズ
    低周波減衰振動波試験器 SWCS-900-1M SWCS-900-1Mは電力規格B-402(2007)およびIEC 61000-4-18(Ed.1.0)(1MHzのみ)規格に準拠した減衰振動波…続きを読む (2012-4-5)  
  • SWCS-931SD
    減衰振動波試験器 SWCS-931SD   スイッチなどの開閉器ON/OFF時に発生する繰返しの速く、徐々に減衰するノイズを再現する試験器です。  …続きを読む (2012-4-5)  
  •   »  IEEE C37.90.1−2012規格対応 減衰振動波試験器(2018-12-4)


サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。