減衰振動波試験器 SWCS-931SD

 

スイッチなどの開閉器ON/OFF時に発生する繰返しの速く、徐々に減衰するノイズを再現する試験器です。


 

  • 最大電圧1.5kVを出力できます。
  • 繰返し周期0.4Hz〜400Hzまで可変できます。
  • 出力抵抗50〜200Ωまで可変できます。(10Ωstep)

 

仕様

項目 仕様
出力波形 減衰振動波
出力電圧 100V〜1500V
極 性 正(第一波)または負(ショートバー切換え)
振動周波数 1.5MHz ±0.2MHz
半波高値に至る時間 10μs ±20%(0.1kV〜1.0kV) 10μs ±40%(1.0kV〜1.5kV)
出力インピーダンス 50〜200Ω(10Ωピッチ設定可能)
繰り返し周期 0.4〜400Hz(3段階切替、連続可変)
印加時間 1s 〜10minまたは連続
カップリングコンデンサ 100pF / 470pF
被試験装置(EUT)電力容量
電 源 AC100V〜240V、50 / 60Hz
寸 法 (W)430×(H)200×(D)400mm
質 量 約7kg

添付品

商品名 数 量
添付品バッグ 1個
取扱説明書 1冊
電源ケーブル 1本
ショートバー 1本

概略回路図と波形

 

お問い合わせ番号:EMC-249
プリンタ用画面
  • SWCS-900シリーズ
    低周波減衰振動波試験器 SWCS-900-1M SWCS-900-1Mは電力規格B-402(2007)およびIEC 61000-4-18(Ed.1.0)(1MHzのみ)規格に準拠した減衰振動波…続きを読む (2012-4-5)  
  •   »  SWCS-931SD(2012-4-5)