トップ  >  減衰振動波試験器【SWCS】  >  SWCS-900シリーズ

低周波減衰振動波試験器 SWCS-900-1M

SWCS-900-1Mは電力規格B-402(2007)およびIEC 61000-4-18(Ed.1.0)(1MHzのみ)規格に準拠した減衰振動波イミュニティ試験をおこなう為の減衰振動波発生器です。

  • IEC 61000-4-18(2006)規格に準拠した試験ができます。
  • 最大3kVの電圧を出力し、余裕のある試験ができます。
  • タッチパネルの採用で視認性に優れた設定画面。
  • 試験器内部でコモンモード/ノーマルモードの切替えや、印加相の切替ができます。
  • 電源ラインCDN(AC240V/DC125V 20A)を内蔵しています。
  • 大容量CDNを組み合わせることができます。(オプション) 

仕様

 

項目 仕様
出力波形 低周波減衰振動波(Slow Damped Oscillatory Wave) フローティング出力
出力電圧 250V 〜 3000V ±10% 1Vステップ
短絡電流 1.25A 〜 15A±20%
発振周波数 1MHz±10%
繰返し周波数 400 / 480 Hz±1%
400Hz=8回/商用周波数50Hzの1周期(非同期)
480Hz=9.6回/商用周波数50Hzの1周期(非同期)
400Hz=6.7回/商用周波数60Hzの1周期(非同期)
480Hz=8回/商用周波数60Hzの1周期(非同期)
電圧波形減衰率 第5ピークは第1ピークの50%超、第10ピークは第1ピークの
50%未満(第3.5から第5.5周期の間でピーク値の50%)
立上り時間 75ns ±20%(10%−90%間)
出力インピーダンス 200Ω±20%
出力極性 正極性、または負極性
印加時間 1s 〜 999s ±0.05s(1sステップ)及び連続
結合コンデンサ 0.5μF±20%
CDN電源容量 単相/三相AC240V20A もしくはDC125V20A
印加相

 

ノーマルモード L1 / L2 / L3 / N相間
コモンモード L1 / L2 / L3 / N相−PE間
L1,L2,L3相同時印加−PE間
L1,L2,L3,N相同時印加−PE間
減結合コイル 1.5mH以下
駆動電源 AC100V 〜 240V ±10% 50/60Hz
消費電力 150VA 以下
動作温度範囲 15℃〜 35℃
外形寸法 (W)430mm×(H)515mm×(D)500mm(突起部を含まず)
質量 約 53 kg

添付品

商品名 数 量
ACコード 1本
機器電源用予備ヒューズ 2本
EUTライン予備用ヒューズ 4本
波形確認用冶具(200Ω終端抵抗+編組線 40cm) 1式
取扱説明書 1冊
添付品用バッグ 1個

出力波形イメージ

ソフトウェア操作画面(イメージ)

   

 

お問い合わせ番号:EMC-248
プリンタ用画面
  •   »  SWCS-900シリーズ(2012-4-5)

  • SWCS-931SD
    減衰振動波試験器 SWCS-931SD   スイッチなどの開閉器ON/OFF時に発生する繰返しの速く、徐々に減衰するノイズを再現する試験器です。  …続きを読む (2012-4-5)