投稿日時: 2021-09 (70 ヒット)

◎今年度はライブ配信によるオンライン開催となります!◎

第26回 EMC環境フォーラム

名 称 ソリューションフォーラム2021
日 程 2021年11月24日(水)〜30日(火)
会 場 ライブ配信によるオンライン開催
URL https://www.it-book.co.jp/EMC/forum/2021/index.html

★★★★★ おすすめセッション!是非ご参加ください ★★★★★
 

技術セッション2:EMC設計・測定試験詳細解説で電磁環境工学からのステップアップ
開催日時:2021年11月24日(水)9:30〜16:00
【セッション概要】
電子機器に対する静電気放電(ESD)試験は、帯電人体のESD現象を模擬した国際規格IEC61000-4-2を適用している。ESD現象は、高速かつばらつきが大きい現象であり、イミュニティ試験のなかでも対策が一番難しいとされている。本セッションでは、ESD試験規格の意図と目的を明確にし、正しいESD試験を実施することと、高速のESD現象を捉える測定方法、またESDの保護デバイス、半導体のESD耐性の評価法、更にシミュレーションを用いたESDに対する基板評価と対策事例など解説する。さらに、現在審議している次期改正規格の動向を紹介する。

https://www.it-book.co.jp/EMC/forum/2021/index.html#jmp02

 

技術セッション5:ESD最前線 静電気現象の基礎から保護デバイス評価・計測・基板設計及び規格改正動向まで 【オススメ】
開催日時:2021年11月29日(月)9:30〜16:20
【セッション概要】
電子機器に対する静電気放電(ESD)試験は、帯電人体のESD現象を模擬した国際規格IEC61000-4-2を適用している。ESD現象は、高速かつばらつきが大きい現象であり、イミュニティ試験のなかでも対策が一番難しいとされている。本セッションでは、ESD試験規格の意図と目的を明確にし、正しいESD試験を実施することと、高速のESD現象を捉える測定方法、またESDの保護デバイス、半導体のESD耐性の評価法、更にシミュレーションを用いたESDに対する基板評価と対策事例など解説する。さらに、現在審議している次期改正規格の動向を紹介する。

https://www.it-book.co.jp/EMC/forum/2021/index.html#jmp05

 

 



投稿日時: 2021-08 (56 ヒット)

この度、9月2日(木)にNECソリューションイノベータ株式会社さま主催にて「プリント基板ノイズ対策セミナー」をオンラインで開催いたします。

回路設計、基板設計、品質管理に関わる方、ノイズでお困りの方は、ぜひご参加いただき、ノイズ対策や品質向上にお役立てください。
インターネット環境があれば自宅やオフィスからでも受講可能です。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

 

【名 称】 プリント基板ノイズ対策セミナー 2021年9月
【日 時】 2021年9月2日(木) 13:30 〜 15:30
【会 場】 オンライン(Webセミナー)
【参加費】 無料(事前登録制)
【定 員】 500名
【主 催】 日本電気株式会社 NECソリューションイノベータ株式会社
▼セミナー詳細・お申込みはこちらから
https://jpn.nec.com/demitasnx/event/seminar210902.html 

 



投稿日時: 2021-03 (412 ヒット)

NoiseKen Web Tech 展示会 2021 Spring開催のご案内

Webセミナーの聴講、およびEMC技術資料が無料にてダウンロード頂けます。

 

【開催期間】:2021年3月1日[月]10:00  〜  4月28日[木]17:00
NoiseKen Web Tech 展示会 2021 springはこちら ⇒ http://www.noiseken.co.jp/other/nwt202103/noise_news.html

 


無料EMCセミナーのご案内

[NEW] システムレベル ESD試験の意図と目的(放電電流の成り立ち) 
 システムレベルのESD試験の基本規格であるIEC 61000-4-2は、1984年に元となる規格が発行され、その後、何度かの改正が行われ2008年発行の第2版が最新版となる。
接触放電による試験が主流となっているが、その放電電流波形は、帯電人体が発生する気中放電の電流波形を模擬している。実際の帯電人体から発生する放電電流とESD試験で規定する放電電流の違い及び特性を知ることで、ESD試験の意図とその目的の理解が深まり、実際に則したより効果的な試験を実施することができる。またEUTにESD試験を実施した時に起こる回路内の挙動についても触れ、誤動作対策及びESD保護に対するヒントを示し、ESD試験規格がもつ問題点、今後の課題を整理する。

 【発表者】:IEC SC77B MT12エキスパート委員
自動車技術会 CISPR分科会 委員
株式会社ノイズ研究所 技術部  上席部長  石田 武志

 

インパルスノイズ試験新時代
従来の水銀方式から、新たな半導体方式に切り替わるる2020年。
市場トラブルの再現に貢献する「インパルスノイズ試験」の効果、必要性を電源線、および回路内部の挙動を測定したデータ元に解説します。

 【発表者】:IEC SC77B MT12エキスパート委員
自動車技術会 CISPR分科会 委員
株式会社ノイズ研究所 技術部  上席部長  石田 武志

 

「5G」時代のイミュニティ試験
いよいよ突入した「5G」時代。
人々の生活やビジネスに様々な恩恵を与えてくれますが、 同時にEMCにおいては様々な問題が発生する可能性があります。
今後必要となる5Gに関連する近接照射イミュニティ試験の特徴と試験の必要性を解説します。

 【発表者】:iNARTE-EMC Engineer
株式会社ノイズ研究所 技術部 EMCシステム技術課 課長  久保 崇将
 

無料EMCセミナーを聴講する ⇒ http://www.noiseken.co.jp/other/nwt202103/noise_news.html

 


EMC試験法ガイドブックプレゼント!
毎年ご好評いただいております、 ノイズ研究所のEMC試験法ガイドブックを、ドンっと無料プレゼントいたします。

今回新たに改版したガイドブックもございます。
   

EMC試験法ガイドブックをダウンロードする ⇒ http://www.noiseken.co.jp/other/nwt202103/noise_news.html

 


出展品のご紹介

 【小型・低価格・6kVタイプ】 雷サージ試験器 “LSS-6330 series”
 【市場ノイズトラブル対策】 インパルスノイズ試験器 “INS-S220”
 【EMCノイズ対策ツール】 空間電磁界可視化システム “EPS-02Ev3”
 【始業前点検〜レポート作成まで、試験をトータルサポート】
静電気試験器 “ESS-S3011A & GT-30RA”
 【5G・IOT時代のEMC試験】 近接照射イミュニティ試験“TEMホーンアンテナ”
 【簡単な接続、容易な操作でEMC試験を楽に】
ファスト・トランジェント/バースト(EFT/B)試験器 “FNS-AX4 seires”
 【デバイス単体のEMC耐性評価試験】 DPIイミュニティ試験システム
 
※ 各種カタログ、ノイズテクニカルレポート(技術資料)もご用意しております

 


 

NoiseKen Web Tech 展示会 2021 springはこちら ⇒ http://www.noiseken.co.jp/other/nwt202103/noise_news.html
 

 

 



投稿日時: 2020-10 (702 ヒット)

◎今年度はライブ配信によるオンライン開催となります!◎

第26回 EMC環境フォーラム

名 称 ソリューションフォーラム2020 (振動/騒音設計技術フォーラム、モータ設計技術フォーラム、熱設計技術フォーラム、EMC環境フォーラム )
日 程 2020年10月26日(月)〜30日(金)※ EMC環境フォーラムは28日(水)〜 30日(金)までの開催となります。
会 場 ライブ配信によるオンライン開催
URL https://www.it-book.co.jp/EMC/forum/2020/index.html

★★★★★ おすすめセッション!是非ご参加ください ★★★★★
技術セッション7:電子機器とESD、その対処法と具体事例
開催日時:2020年10月30日(金)9:30〜16:10
【セッション概要】
新たな通信方式の世代交代、世界的な感染症に伴うリモートワークの普及など働き方の見直しが進み世の中が一変しつつあるなかで、日本の電子インフラの貧弱さが露呈された。ますます高度化・高速化する社会を支えるインフラの根底には電子回路の信頼性なくしては成り立たない。特に静電気放電(ESD)は、最も厳しいイミュニティ試験と言われ、その対策は一筋縄ではでいかない。本セッションでは、ESD の試験規格動向、回路解析と対策を具体的に示して解説する。

◆◆◆セッション7の詳細内容はこちらのPDFファイルを確認ください◆◆◆
https://www.it-book.co.jp/EMC/forum/2020/pdf/session7.pdf



投稿日時: 2020-09 (735 ヒット)

【EMC無料セミナー開催】 EMCユーザー会議 2020
ローデ・シュワルツ主催 - EMCユーザ会議 2020
 

毎年、初夏にオフラインで開催しておりましたローデシュワルツジャパン主催によるEMCユーザー会議ですが、本年は昨今の状況を鑑み、オンラインで開催されます。
本年は、EMCやノイズ対策に関わる、多くのエンジニアの方々にお役に立つ情報をお届けするために、多彩なゲストスピーカーがご講演されます。

弊社でも、「イミュニティ試験の目的と試験結果の不合理、その向き合い方」の技術講演をいたします。

 

EMCユーザ会議 2020への参加費・受講料は全て無料となります。

お申込みはローデシュワルツジャパンのホームページ、下記URLよりお申し込みください。
https://rs.oatnd.com/emc-conf-2020

 

日程 【オンデマンド配信】 2020年9月28日(月)〜10月2日(金)
【LIVE配信】 2020年9月30日(水)15:00〜16:00

 



おすすめ、Webセミナーのご案内(無料)
 

イミュニティ試験の目的と試験結果の不合理、その向き合い方

 

静電気放電、サージ、RF放射などのイミュニティ試験規格の成り立ち、目的は様々であり、試験結果は想定と違ったり相関が得られないことが多い。また試験に合格してもフィールドで発生する問題から完全に逃れられる訳ではない。印加するノイズと電子回路の誤動作要因は複雑であり、実際の誤動作メカニズムを例に挙げて考えてみる。 

【講師】:IEC SC77B MT12エキスパート委員
      自動車技術会 CISPR分科会 委員
      株式会社ノイズ研究所 技術部 上席部長  石田 武志

 株式会社ノイズ研究所 技術部  上席部長 石田 武志

 

お申込みはローデシュワルツジャパンのホームページ、下記URLよりお申し込みください。
https://rs.oatnd.com/emc-conf-2020 



(1) 2 3 4 ... 14 »
サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。