投稿日時: 2011-04 (2687 ヒット)

◎ 減衰振動波試験器(SWCS-934)の販売を終了しました。

  永年、ご案内させていただきました減衰振動波試験器『SWCS-934』は、

  誠に勝手ながら販売を終了させていただきました。

   〔代替のご提案〕

    終了に伴う代案と致しまして、IEC61000-4-18規格で要求される

    減衰振動波試験器(SWCS-900-1M)をご提案しております。

    ご要求の内容をご確認のうえ、ご検討いただければ幸いです。

     ⇒SWCS-900 seriesはこちらです。



投稿日時: 2011-03 (2667 ヒット)

●平成23年3月11日発生した東北地方太平洋沖地震で被災されました

 お客様にお使いいただいている弊社 試験器の『無料点検サービス』を
 実施させていただきます。

 

無償点検サービスのご案内はこちら



投稿日時: 2011-03 (3590 ヒット)

●IEC 61000-4-5規格向け 雷サージ試験器(LSS-F02 series)の発売を開始しました。

 

LSS-F02 seriesの詳しい内容はこちら

  ○制御用ソフトウェアも無料でダウンロードいただけます。


LSS-F02制御用ソフトウェアはこちら

   【ご注意】制御用ソフトウェアをご使用の際は、
        USB光モジュールkit(07-00022A)を
         別途ご購入ください。 



投稿日時: 2011-03 (2882 ヒット)

 

1.営業各所の状況

◎全社通常通り営業いたします。
   なお、お電話やFAXでのお問い合せは、通信の混雑や停電により通じない場合がございますのでご了承ください。また、EMC受託試験サイト『テストラボ船橋(計画停電 第1グループ)』における試験サービスにつきましては、計画停電の実施に伴いサービスを中断させていただく場合がございます。お客様にはご迷惑をお掛け致しますが、ご理解の程よろしくお願い致します。 

 
2.修理・校正サポートの状況
        ,預かりの対応について
       通常通り受付けしておりますが、計画停電によりお時間を頂く場合がございます。
     ⊇伉イ梁弍について
       通常通り受付けしておりますが、出張の地域により対応が異なりますので、
       下記を
ご確認ください。     
         ・東北地区:
       交通インフラの状況が不安定なため、出張の対応は見合わせております。
       インフラ状態が安定し次第、順次早急な対応をさせていただきます。
        
・関東甲信越地区:
       計画停電対象エリアの場合は、状況により訪問までに多くの日数を要する場合が
       ございます。また、計画停電時間外での対応となりますので、実施可能日に
       制限がございます。
        
・それ以外の地域:
       通常通りの受付・対応となります。

  【ご注意ください!!】
   被水・浸水・衝突・落下による損害がある場合、通電せずに弊社へご連絡ください。
 
 
3.配送・出荷の状況
 この度の地震における混乱を最小限に抑えるよう取り組んでおりますが、電力および物流事情などにより、既に頂いておりますご注文について、一部納期の遅延が発生しております。また、今後のご発注につきましてもこれらの事情により納期面でのお約束が厳しい場合がございます。
 当然のことながら弊社においても納期遵守に努めて参る所存ですが、お客さまにおかれましても、上記の諸事情をご理解・ご了承頂きますよう宜しくお願いいたします。

※状況の変化によりすでにご案内いたしました内容も変更になる場合がございます。
 
ご迷惑をお掛けしまして誠に申し訳ありませんが、ご理解の程を宜しくお願い申し上げます。



投稿日時: 2011-01 (4820 ヒット)

満員御礼!!(定員となりましたので募集を〆切とさせて頂きました。沢山のご応募ありがとうございました。)

 

昨年より開催をいたしております、『EMC・ノイズセミナー2010』ですが、東葛テクノプラザさまご協力のもと、追加にて開催をすることが決定いたしました。

 

雷サージ試験、バースト試験、インパルスノイズ試験など、主に規格に関する解説や試験方法、始業前の点検など、試験配置図や実演を交えて解説いたします。

続きを読む | 残り572字 |


« 1 ... 16 17 18 (19) 20 21 22 ... 24 »
サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。