イベント情報(展示会、セミナー)
イベント情報(展示会、セミナー) : 【展示会】テクノフロンティア2018 第31回 EMC・ノイズ対策技術展 出展のご案内
投稿日時: 2018-04 (1099 ヒット)

無事に終了しました。沢山のご来場、誠にありがとうございました

2018年4月18日(水)より幕張メッセにて開催される、テクノフロンティア2018第31回EMC・ノイズ対策技術展に出展いたします。
当日は、来場者さまだけの特典として『ファスト・トランジェント/バースト試験法ガイドブック』無料配布のほかファストトランジェントバースト試験器FNS-AX4やNewインパルスノイズ試験器、空間電磁界可視化システムEPS-02シリーズなどさまざまな製品を展示します。
みなさまのご来場を心よりお待ち申し上げます。

 

日時 : 2018年4月18日[水]〜20日[金] 10:00〜17:00
会場 : 幕張メッセ ホール5 ブースNo.5D-01
テクノフロンティア2018 第31回 EMC・ノイズ対策技術展の出展案内状はこちら。(PDFファイル)
http://www.noiseken.co.jp/uploads/photos1/153.pdf  

ご来場いただいたお客さま全員にもれなくプレゼント! 

EIEC 61000-4-4 Ed.3最新版規格の、ファスト・トランジェント/バーストの試験方法を解説したガイドブックです。

より詳しく、充実した内容に改版しました。 弊社ブースにご来場を頂いた方にだけ、本展示会だけの限定配布です。
試験の配置から試験方法、試験後のレポート作成まで、イラストや写真を交えて分りやすい内容となっています。

 

電源線のノイズイミュニティ試験は、国際規格ではEFT/B試験(IEC 61000-4-4)が採用されていますが、国内ではインパルスノイズ試験(JEMA、NECAなどから試験法のガイドラインがあり)が古くから併用され、試験が実施されています。このインパルスノイズ試験は、試験器内部に水銀リレーを使用しているため、水俣条約により2020年以降の製造・販売ができなくなり、今後、試験を続けるうえで重要な課題となります。本セミナーでは、インパルスノイズ試験とEFT/B試験の違いと、それぞれの試験の有用性を解説いたします。また、水銀リレーを使用しない、新たなインパルス試験器の(開発)概要と、今回新たに発売したEFT/B試験器の新機能を交えて紹介いたします。

【 日 時 】:2018年4月18日[水] 13:20 〜 14:10
【発表者】:IEC SC77B MT12エキスパート委員 自動車技術会 CISPR分科会 委員 株式会社ノイズ研究所 上席部長 石田 武志
本セミナーはテクノフロンティアHPにて事前に申し込みができます。

https://www.jma.or.jp/tf/index.html

 

テクノフロンティア2018 第31回 EMC・ノイズ対策技術展の出展案内状はこちら。(PDFファイル)

 




サイト内検索
無料贈呈中

株式会社ノイズ研究所40周年記念誌「EMCと共に40年」
この冊子は、EMCの黎明期から日本及び世界のEMCの発展にご尽力頂いた方々の後世に伝えるメッセージとしてご厚意によりご執筆頂いたものです。ご一読いただければ幸いです。